朗読劇×インプロNewtrient

Newtrientニュートリエントとは?

ヒトが生きていくのに必要なもの「栄養素」
糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル…
最近は食物繊維も入れていいんじゃないかって言われている。

そもそも栄養、とはこう定義されている。
「生物がその生命を保ち、また成長してゆくために、必要な成分を体外の物質からとり入れること。」
つまりだ、栄養とは勘違いされがちだが身体が必要な成分を取り入れる行動のことなのだ! ってそんなことはどうでもいい。

栄養素とは文字通り栄養の素。
そう、これは皆様の栄養となるための朗読公演。

新しい(New)栄養素(nutrient)をお届けするオムニバスエンターテイメント。
--脂肪肝 旗揚げ公演「Newtrient」--

Newtrient公演情報

2017624日(土)~625日(日)
会場:Art Live Space 「Special Colors」※詳細

第1部:『ボクは貴女のモノですから』朗読劇
第2部:『忘れられた紙片』即興劇/インプロ
第3部:『八雲』朗読劇

2017年6月 24日/ 25日/
12:00~  
15:00~  
15:30~  
19:00~
開場時間は開演の30分前

Newtrientチケット情報

1,500円 (+ワンドリンク500円) / 全席自由席

※予約はこちらから

Newtrient朗読劇『ボクは貴女のモノですから』『八雲』

『ボクは貴女のモノですから』

大陸歴92年。サーチラス皇国は隣国のカルディニア国に勝利した――。
《あたしこんな汚いの欲しくない。もっと可愛いいの。そうワンちゃんが良かった》貴族の娘リディアは13歳の誕生日父から奴隷の少年をプレゼントされる。
二人は徐々に心を通わせて行くことで、リディアは世界の残酷さを知り、少年は人としての感情を取り戻すだった。しかし、貴族と奴隷の関係はどこまで行っても、貴族と奴隷。
二人の物語は悲しいほどに平行線――。

『八雲』

大学生の村居真治は、カメラマンだった祖父が撮った古い写真を発見する。
自然の中で佇む、美しい女性。真治はその写真に魅せられ、山奥へ向かった。そうしてそこで写真とそっくりな女に出逢う……女は自分を【祟り神】だと名乗り――。
真治は一枚の写真がきっかけで、若かりし日の祖父と、祟り神の哀しくも美しい物語を知るのだった。《もう私に会いに来ないでおくれ。貴方を不幸にはしたくないから――》

Newtrientキャスト紹介

片野 万里絵、サー・ウインド、笹 知亜希、末永 直己

高橋 由貴奈、筒井 大海(声の表現実験グループVonclu)

Nori(声の表現実験グループVonclu)、ファンネル高田、他

Newtrientスタッフ紹介

演出 : 筒井大海
脚本 : 夢の味わい
企画・製作 : 脂肪肝製作委員会
運営協力:声の表現実験グループVonclu

Mail:siboukansan@gmail.com
※件名に「Newtrient問い合わせ」と記入し、送信してください。
未記入ですと、お問い合わせに答えられない場合もございます。
あらかじめご了承ください。
お問い合せはこちらから

page-top